銀河鉄道999(10) ブックライブ スマホ パソコン 読む

BookLive「ブックライブ」の銀河鉄道999(10)無料試し読み


▼第1話/水の国のシャイアン▼第2話/喰命聖女▼第3話/時間城の海賊▼第4話/アンドロメダの雪女  ●主な登場人物/星野鉄郎(機械の体を手に入れるためにアンドロメダを目指す少年)、メーテル(鉄郎とともに“999”で旅をする謎の女性)  ●あらすじ/“999”がおかしい。次の駅まではかなりあるはずなのに、変な揺れ方をしてスピードが落ちたのだ。間もなく“999”は、強力な停止要求を受信。要求に従わなければ破壊されてしまうため、やむなく要求を容認。近くの星へと不時着する。そこは果物が生い茂り、空気もきれいな絶海の孤島だった。そして、鉄郎がふと海の中をのぞき込むと、そこには巨大な都市が存在していた!(第1話)▼あらゆる空間軌道が一点に集まる宇宙の大分岐点「惑星ヘビーメルダー」へ、間もなく“999”は到着する。ヘビーメルダーを過ぎると、銀河鉄道の管制権はアンドロメダへと移る。つまり、ヘビーメルダーは、銀河系内つまりは地球の管理局下最後の惑星なのだ…。ヘビーメルダーは、自由と無法がうずまく大フロンティア。まるで西部劇に出てくるような、埃っぽい町並みだ。そこでメーテルは大事な用があるからと一人で出掛けてしまう。だが、鉄郎は「私が“999”に戻らなくても一人で旅を続ける自信があるわね?」というメーテルの言葉が気に掛かり、慌ててメーテルの後を追う。しかし…(第3話)。  ●本巻の特徴/いよいよ“999”は、機械の体がタダで手に入る星のあるアンドロメダ星雲に突入する(第2話)。  ●その他の登場キャラクター/キャプテン・ハーロック(第3話)  ●その他のデータ/登場する惑星=水棲人の住む星(第1話)、雨ばかりが降る星・雨が池(第2話)、銀河系とアンドロメダの間にある、空間軌道が一点に集まる宇宙の大分岐点・惑星ヘビーメルダー(第3話)、雪女のいる星・惑星スノーインカ(第4話)
続きはコチラ



銀河鉄道999(10)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


銀河鉄道999(10)詳細はコチラから



銀河鉄道999(10)


>>>銀河鉄道999(10)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」銀河鉄道999(10)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する銀河鉄道999(10)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は銀河鉄道999(10)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して銀河鉄道999(10)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」銀河鉄道999(10)の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




“無料コミック”を活用すれば、現在購入を検討中の漫画を少しだけタダで試し読みするということができるわけです。入手前にストーリーを一定程度まで読めるので、非常に好評です。
BookLive「銀河鉄道999(10)」の販促方法として、試し読みができるというのは文句なしのアイデアだと考えます。時間を気にすることなく大雑把なあらすじを閲覧できるので、休憩時間を使って漫画選びができます。
スマホで閲覧できるBookLive「銀河鉄道999(10)」は、お出かけ時の荷物を極力減らすのに寄与してくれます。リュックやカバンの中などに読みたい本を入れて持ち歩かなくても、いつでもどこでも漫画を楽しむことが可能です。
その他のサービスを押しのける勢いで、こんなにも無料電子書籍というスタイルが拡大している理由としましては、町の書店が減りつつあるということが挙げられると思います。
スマホで見れる電子書籍は、普通の本とは違い文字のサイズを変更することが可能ですので、老眼で見えづらい60代以降の方でも難なく読むことができるという長所があるというわけです。




銀河鉄道999(10)の情報

                    
作品名 銀河鉄道999(10)
銀河鉄道999(10)ジャンル 本・雑誌・コミック
銀河鉄道999(10)詳細 銀河鉄道999(10)(コチラクリック)
銀河鉄道999(10)価格(税込) 540円
獲得Tポイント 銀河鉄道999(10)(コチラクリック)

ページの先頭へ