『絶歌』出版をどう考えるか 5人の識者が問う ブックライブ スマホ パソコン 読む

BookLive「ブックライブ」の『絶歌』出版をどう考えるか 5人の識者が問う無料試し読み


神戸市の連続児童殺傷事件の加害男性(32)=事件当時14歳=が書いた手記『絶歌』(太田出版)がベストセラーになっている。遺族は出版中止と回収を求めたが、出版社は「社会的な意味がある」として増刷を決めた。重大事件の加害者が事件を題材にした本で利益を得ることは許されるのか? 社会は、これをどう受け止めればいいのか? 犯罪加害者が著書の出版などで得た利益を被害者遺族の手にわたりやすいようにする米NY州の「サムの息子法」に学ぶところはないのか? 森達也氏、諸澤英道氏、荻上チキ氏、斎藤環氏、武田徹氏などの意見を交えて、多角的に切り込む。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロンテンツです。【文字数:6700文字/単行本換算で10ページ】
続きはコチラ



『絶歌』出版をどう考えるか 5人の識者が問う無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


『絶歌』出版をどう考えるか 5人の識者が問う詳細はコチラから



『絶歌』出版をどう考えるか 5人の識者が問う


>>>『絶歌』出版をどう考えるか 5人の識者が問うの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」『絶歌』出版をどう考えるか 5人の識者が問うの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する『絶歌』出版をどう考えるか 5人の識者が問うを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は『絶歌』出版をどう考えるか 5人の識者が問うを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して『絶歌』出版をどう考えるか 5人の識者が問うを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」『絶歌』出版をどう考えるか 5人の識者が問うの購入価格は税込で「216円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




スマホを介して電子書籍を買い求めれば、バスや電車での通勤中やブレイクタイムなど、ちょっとした時間に楽しめます。立ち読みもできるシステムとなっていますから、書店まで足を運ぶことは不要です。
無料電子書籍を利用すれば、時間を割いて売り場まで赴いて立ち読みなどをする必要性がなくなります。そういったことをしなくても、「試し読み」すれば内容の下調べができてしまうからです。
「あるだけ全部の漫画が読み放題であれば、こんなに良い事はない!」という利用者目線の発想に呼応するべく、「月額料を支払えば1回1回の支払いは不要」という形式の電子書籍が誕生したのです。
日頃よりよく漫画を読むという人からすれば、月毎に同一料金を払うことによりいくらでも読み放題という形でエンジョイできるというプランは、まさに革命的と言えるのではないでしょうか?
電子書籍も一般の書籍同様に情報が商品なので、楽しめなくても返品することは不可能となっています。従いまして面白そうかを確かめるためにも、無料漫画を読む方が賢明です。




『絶歌』出版をどう考えるか 5人の識者が問うの情報

                    
作品名 『絶歌』出版をどう考えるか 5人の識者が問う
『絶歌』出版をどう考えるか 5人の識者が問うジャンル 本・雑誌・コミック
『絶歌』出版をどう考えるか 5人の識者が問う詳細 『絶歌』出版をどう考えるか 5人の識者が問う(コチラクリック)
『絶歌』出版をどう考えるか 5人の識者が問う価格(税込) 216円
獲得Tポイント 『絶歌』出版をどう考えるか 5人の識者が問う(コチラクリック)

ページの先頭へ