魔法使いの弟子 ブックライブ スマホ パソコン 読む

BookLive「ブックライブ」の魔法使いの弟子無料試し読み


▼第1話/開化▼第2話/召魔(めすま)▼第3話/交霊▼第4話/罪▼第5話/霊視▼第6話/攘夷▼第7話/出生▼第8話/魂の声▼第9話/魔法使いの弟子●登場人物/鬼窪巖(明治新政府参議。国のことを真剣に思い多忙)、妙(参議・鬼窪の愛妾。心の病を患っている?)、召魔(巷間“妖術使い”と噂される異人。「動物磁気」など怪し気なもので病気を治す?)●あらすじ/1868年、明治政府樹立。しかし、新しい世になっても、血の匂いは消えなかった。新政府に反発する反乱や一揆の首謀者たちはもちろん、時には無実であっても新政府にとって都合が悪ければ斬首、切腹……冷徹な強権をふるっていた――参議・鬼窪は、その新政府の中心人物として多忙を極める日々。世の中も、政府・文化・思想・化学……全てが新しいものへ移行しようと目まぐるしく動いていた時代、外国人居留地はずれの洋館に妖術使いが住んでいるという噂がたった。夜な夜な冥府から亡霊を呼びだしているというのだ。そんな折、久々に鬼窪と一夜をともにした愛妾・妙が生首の亡霊を見る!!(第1話)▼妙がフラフラしながら入っていったという例の洋館を訪れた鬼窪。玄関の扉を開けるなり、目に飛びこんできたのは、かつて見たこともない奇妙な光景だった。ひとりの異人と操り人形のようにフラフラ踊る女たち、そしてグッタリと椅子にうなだれている妙の姿……。鬼窪の呼びかけで気を取り戻した妙。連れて帰ろうとしたところ、異人は「帰スワケニハイキマセン」と鬼窪をさえぎる。鬼窪のせいで病気が悪くなるというのだ。(第2話)
続きはコチラ



魔法使いの弟子無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


魔法使いの弟子詳細はコチラから



魔法使いの弟子


>>>魔法使いの弟子の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」魔法使いの弟子の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する魔法使いの弟子を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は魔法使いの弟子を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して魔法使いの弟子を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」魔法使いの弟子の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




中身が不確かなまま、表紙のイラストだけで本を選ぶのはハイリスクです。いつでも試し読みができるBookLive「魔法使いの弟子」であったら、一定レベルで内容を知った上で買うか・買わないかを判断できます。
漫画を購入するなら断然電子書籍という方があきらかに増えてきています。携行するなんてこともなくなりますし、片付ける場所も不要だという特長があるからです。更に無料コミックも揃っているので、試し読みも簡単にできます。
漫画の最新刊は、本屋で軽く読んで買うかを確定する人が多いようです。しかし、今日ではBookLive「魔法使いの弟子」のサイトで1巻だけ買ってみてから、その本を購入するのか否かを決定する人が多いようです。
毎月定額を入金すれば、色んな書籍を際限なしに読めるという読み放題プランが電子書籍で人気となっています。1巻ずつ購入しなくても読めるのが最大のメリットです。
「連載形式で発刊されている漫画を読むことが好きだ」とおっしゃる方には必要のないサービスです。ところが単行本が発売になってから買うとおっしゃる方にとっては、購入の前に無料漫画にて内容をリサーチできるというのは、本当にありがたいことだと言えます。




魔法使いの弟子の情報

                    
作品名 魔法使いの弟子
魔法使いの弟子ジャンル 本・雑誌・コミック
魔法使いの弟子詳細 魔法使いの弟子(コチラクリック)
魔法使いの弟子価格(税込) 540円
獲得Tポイント 魔法使いの弟子(コチラクリック)

ページの先頭へ