超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想 ブックライブ スマホ パソコン 読む

BookLive「ブックライブ」の超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想無料試し読み


大阪都構想反対派の急先鋒として注目を集めた著者による、渾身の最新刊! 「都構想」否決のその先にあるものは――? 人口が減り続けている大阪のみならず、「消滅」までもが危惧されている日本の「地方」。本書ではその復活の道筋を大胆に示す。著者曰く、地方を甦らせる最短にして最善の道は「インフラ」しかない(なお、この「インフラ」とは、リニア新幹線や高速道路などのハードインフラから、地域コミュニティなどのソフトインフラまでを含んだ概念だ)。じつは、あのアダム・スミスもカール・マルクスも、インフラ投資が経済にもたらす大きなインパクトについて論じていた。しかし、現代日本において「インフラが重要だ」というと、「日本は道路王国で成熟社会だから、もうインフラなんて必要ない」「公共事業は税金の無駄使い」といった意見がすぐさま噴出する。だが、そうした固定観念は、種々のデータから「大いなる間違い」だということがすぐわかる。本書では、「日本の高速道路網は先進国中最下位」「公共事業費は5倍になってGDPに反映される」「デフレ期においては、インフラ投資で税収増が期待できる」……など、知られざる事実を明らかにする。さらに、「大(だい)大阪構想」「四大交流圏構想」をもとに、新たな経済圏の出現と、それが日本にもたらすであろう莫大な利益について詳説する。地方復活、ひいては日本経済の明るい未来を描く注目作!
続きはコチラ



超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想詳細はコチラから



超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想


>>>超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想の購入価格は税込で「699円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




長い間店頭販売されている本を購入していたといった方も、電子書籍を試し読みしてみた途端に、便利過ぎて戻れないということが多いと聞いています。コミックサイトも数多く存在しているので、面倒くさがらずに比較してから選定するようにしてください。
電子書籍はクレカで買うので、気が付いた時には料金が跳ね上がっているということが十分あり得るのです。だけど読み放題なら毎月の利用料が一定なので、読み過ぎても利用料金が高額になることはありません。
最新刊が出るたび書店で買い求めるのは時間の無駄遣いとなります。ですが、大人買いは内容に不満が残った時の金銭的・精神的ダメージが大きすぎます。BookLive「超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想」は1冊ずつ購入できるので、失敗することも少ないです。
店頭販売では、スペース上の問題で扱える漫画の数に制約がありますが、BookLive「超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想」だとこんな類の制約がないため、発行部数の少ない漫画も多いのが特徴でもあるのです。
無料電子書籍さえあれば、やることが無くて手持無沙汰で仕方ないということがほとんどなくなります。お昼休憩や移動の電車の中などにおいても、結構エンジョイできるはずです。




超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想の情報

                    
作品名 超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想
超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想ジャンル 本・雑誌・コミック
超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想詳細 超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想(コチラクリック)
超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想価格(税込) 699円
獲得Tポイント 超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想(コチラクリック)

ページの先頭へ