幸村軍戦記 2 上 伏見城の死闘 ブックライブ スマホ パソコン 読む

BookLive「ブックライブ」の幸村軍戦記 2 上 伏見城の死闘無料試し読み


九度山から脱出することに成功した真田昌幸、幸村父子は大坂城に入り、秀頼を主君として、再び豊臣の天下を取り戻すことを誓った。そして、関ヶ原の戦に敗れた後、日本中に散っていた豪将を大坂に呼び集め、徳川家康を打倒するために最強の豊臣軍団を結成したのである。上杉家から単身で出奔した直江兼続をはじめとして、前田慶次郎、後藤又兵衛、立花宗茂、宮本武蔵などの英傑が続々と大坂城に結集し、徳川軍との戦いに挑む。豊臣の軍師となった昌幸は電光石火の如く伏見城と大和郡山城を同時に攻め、さらに幸村は姫路城を奇襲する策を打ち立てる。圧倒的な徳川軍の兵力を相手に、果たして真田父子は豊臣軍を勝利に導くことができるのか!? 福島正則、加藤清正の猛将達ついに豊臣軍に参陣せり。本格戦国シミュレーション。【目次】前巻のあらすじ主な登場人物第一章 伏見城大手の戦い第二章 結城秀康の苦悩第三章 伊達正宗の深謀【著者プロフィール】津野田 幸作(つのだ こうさく)1939年、東京生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、某大学付属病院で集中治療を専門とする。現在は財団法人救急振興財団・救急救命東京研修所で特別講師を務める。その間、歴史分野において精力的に執筆活動を行う。『戦国大乱』で第7回歴史群像大賞奨励賞受賞。主な著書に『戦国の龍虎1~2』(徳間書店)、『真田軍戦記』『戦国の嵐』『戦国の勇者』『戦国の軍神』(学研パブリッシング)他、多数ある。
続きはコチラ



幸村軍戦記 2 上 伏見城の死闘無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


幸村軍戦記 2 上 伏見城の死闘詳細はコチラから



幸村軍戦記 2 上 伏見城の死闘


>>>幸村軍戦記 2 上 伏見城の死闘の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」幸村軍戦記 2 上 伏見城の死闘の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する幸村軍戦記 2 上 伏見城の死闘を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は幸村軍戦記 2 上 伏見城の死闘を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して幸村軍戦記 2 上 伏見城の死闘を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」幸村軍戦記 2 上 伏見城の死闘の購入価格は税込で「702円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




無料電子書籍をダウンロードしておけば、急に予定がなくなっても、空き時間を持て余すなどということがゼロになるはずです。ランチタイムや通学の電車の中などにおいても、十分にエンジョイできます。
マンガは電子書籍で買うという方が増加しつつあるようです。バッグなどと一緒に携帯することも不要になりますし、本を片付ける場所も必要ないからです。更に言えることは、無料コミックもあるので、試し読みで中身が見れます。
「外でも漫画をエンジョイしたい」とおっしゃる方に打ってつけなのがBookLive「幸村軍戦記 2 上 伏見城の死闘」だと言っても過言じゃありません。かさばる漫画をバッグに入れておく必要性もなく、バッグの中の荷物も軽量になります。
暇つぶしに丁度いいサイトとして、支持されているのが、BookLive「幸村軍戦記 2 上 伏見城の死闘」なのです。お店で漫画を買う必要はなく、スマホだけで読みたい放題という所がメリットです。
コミックは、お店で触りだけ読んで購入するか購入しないかの結論を出すようにしている人が多いです。けれど、ここ最近はBookLive「幸村軍戦記 2 上 伏見城の死闘」のアプリで簡単に内容を確認して、その本を購入するのか否かを決定する方が主流派になりつつあります。




幸村軍戦記 2 上 伏見城の死闘の情報

                    
作品名 幸村軍戦記 2 上 伏見城の死闘
幸村軍戦記 2 上 伏見城の死闘ジャンル 本・雑誌・コミック
幸村軍戦記 2 上 伏見城の死闘詳細 幸村軍戦記 2 上 伏見城の死闘(コチラクリック)
幸村軍戦記 2 上 伏見城の死闘価格(税込) 702円
獲得Tポイント 幸村軍戦記 2 上 伏見城の死闘(コチラクリック)

ページの先頭へ