立原正秋 電子全集1 『冬の旅…水仙』 ブックライブ スマホ パソコン 読む

BookLive「ブックライブ」の立原正秋 電子全集1 『冬の旅…水仙』無料試し読み


強い意志と真率な感情、青春の夢と激情を抱いた若い魂にとって非行とは何かを問う長編。立原初の新聞小説で代表作の一つ。「冬の旅」美しく優しい母を、義兄修一郎が凌辱しようとした現場を目撃した行助は、母を助けようと誤って修一郎の腿を刺して少年院に送られる……。母への愛惜の念と義兄への復讐を胸に、孤独に満ちた少年院での生活を送る行助を中心に、社会復帰を希う非行少年たちの暖かい友情と苛烈な自己格闘を描き、強い意志と真率な感情、青春の夢と激情を抱いた若い魂にとって非行とは何かを問う長編。無常としかいえない世界で健全な目を持ちながら、どんどん死に惹かれてゆく行助の宿命的な生き方に注目。「冬の旅」は立原初の新聞小説で、1968年5月から1969年4月にかけ「読売新聞」夕刊に連載され評判を呼び、立原正秋の名を一般に広めることとなった作者の代表作のひとつ。他に作者が愛した花・水仙を表題とした自伝的な作品「水仙」と、その続編もいえる「空蝉」。また作者が眠る瑞泉寺(鎌倉十刹の筆頭格。また「花の寺」として知られ、特に水仙の花の名所である)が作中に登場する「ちぎれ雲」を収容。付録として長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像」など関連エッセイ5作収録。特別寄稿として立原ファンを自認する吉本ばなな氏の「立原正秋と私」を掲載。※この作品にはカラー写真が含まれます。
続きはコチラ



立原正秋 電子全集1 『冬の旅…水仙』無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


立原正秋 電子全集1 『冬の旅…水仙』詳細はコチラから



立原正秋 電子全集1 『冬の旅…水仙』


>>>立原正秋 電子全集1 『冬の旅…水仙』の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」立原正秋 電子全集1 『冬の旅…水仙』の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する立原正秋 電子全集1 『冬の旅…水仙』を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は立原正秋 電子全集1 『冬の旅…水仙』を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して立原正秋 電子全集1 『冬の旅…水仙』を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」立原正秋 電子全集1 『冬の旅…水仙』の購入価格は税込で「1944円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




サイドバックなどを持たずに出かけるという男性にとりましては、スマホで無料電子書籍が楽しめるというのは凄いことです。荷物の量自体は変わらないというのに、ポケット内に入れて書籍を持ち運べるわけなのです。
月額の利用料が固定のサイト、登録不要のサイト、1巻ごとに販売しているサイト、0円の本が多くあるサイトなど、コミックサイトも様々違う部分が見られますから、比較しなければいけません。
老眼のせいで、近くの文字がハッキリ見えなくなってきたという読書家の中高年の方にとって、スマホ上で電子書籍を楽しめるようになったというのは、何より有難いことなのです。フォントの大きさを読みやすく調整可能だからです。
本というものは返品することは無理なので、中身をある程度分かった上で購入を決断したい人にとって、試し読みで中身が確認できる無料電子書籍は非常に使い勝手が良いでしょう。漫画も同様に中身を見て買い求められます。
ここ最近、電子書籍業界では今までとは違う「読み放題」というサービスが誕生し注目されています。1冊毎にいくらではなくて、毎月いくらという販売方法を採用しています。




立原正秋 電子全集1 『冬の旅…水仙』の情報

                    
作品名 立原正秋 電子全集1 『冬の旅…水仙』
立原正秋 電子全集1 『冬の旅…水仙』ジャンル 本・雑誌・コミック
立原正秋 電子全集1 『冬の旅…水仙』詳細 立原正秋 電子全集1 『冬の旅…水仙』(コチラクリック)
立原正秋 電子全集1 『冬の旅…水仙』価格(税込) 1944円
獲得Tポイント 立原正秋 電子全集1 『冬の旅…水仙』(コチラクリック)

ページの先頭へ