立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』 ブックライブ スマホ パソコン 読む

BookLive「ブックライブ」の立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』無料試し読み


古都鎌倉に美しく燃え上がる宿命的な愛……そして、愛欲の日々の終焉を鮮やかに映し出す『残りの雪』ほかを収録。『残りの雪』理由も分からず失踪した夫との別れに苦しみ、無為不安の日をおくる里子は、骨董の目利き坂西と出会う。鎌倉、京都、箱根、越後……人目を忍んで逢瀬を重ねる里子と坂西。四季の移ろいと、愛の日々の中で“いびつな染付白磁”といわれた里子は“女”として目覚めていく。やがて、里子の友人で坂西の元恋人だった綾江の嫉妬による密告で、二人の仲は坂西の妻・和枝の知るところとなる。宿命の愛と知りながら、里子は坂西と別れる決心をするのだったが……。男女の宿命的な愛を鮮烈に映した“大人の小説”として、日経新聞に連載され話題を呼んだ長編小説で、鎌倉や京都などの古都を舞台に、和服や自然を通して日本の四季が美しく描写されており、作品の魅力に彩りを添えている。また家族を失い無為の生活を送る元高校教員の中年男が、教え子との束の間の愛と別れを描いた『山居記』、『夏のことぶれ』を収録。付録として長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 四」など関連エッセイ3作収録。「写真で辿る立原作品の世界」(3)では『残りの雪』の舞台となった鎌倉・化粧坂、源氏山公園付近と「花の寺」海蔵寺を紹介。また、立原の孫・立原継望氏撮影の「鎌倉 桜巡り」も立原が愛してやまなかった街・鎌倉の美しい春の風景を写し出している。※この作品にはカラー写真が含まれます。
続きはコチラ



立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』詳細はコチラから



立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』


>>>立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』の購入価格は税込で「1944円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




本代というのは、1冊ずつの代金で見れば安いかもしれませんが、好きなだけ買っていれば、月々の購入代金は高くなります。読み放題プランなら月額料が決まっているので、出費を節減できるというわけです。
漫画があって当然の生活を他人にバレたくないという人が、近年増えていると言われています。家に漫画を持ち込むことができないというようなケースでも、BookLive「立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』」を活用すれば人に内緒のままで漫画が読みたい放題です。
老眼が進行して、目の先30センチ前後のものがぼやけるようになったという読書好きの中高年の人にとりまして、スマホで電子書籍が閲覧できるようになったというのは、ある意味革新的なことなのです。フォントサイズを調整できるからです。
大体の本屋では、売り物の漫画の立ち読みを防止することを目的として、シュリンクをするのが一般的と言えるでしょう。BookLive「立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』」だったら試し読みが可能なので、絵柄や話などを確認してから買うか判断できます。
無料漫画というのは、本屋での立ち読みと同様なものだと言うことができます。ストーリーの中身を適度に理解した上で手に入れられるので、利用者も安心だと思います。




立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』の情報

                    
作品名 立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』
立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』ジャンル 本・雑誌・コミック
立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』詳細 立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』(コチラクリック)
立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』価格(税込) 1944円
獲得Tポイント 立原正秋 電子全集4 『残りの雪 化粧坂の別れ』(コチラクリック)

ページの先頭へ