立原正秋 電子全集5 『美を巡る エッセイ&詩篇』 ブックライブ スマホ パソコン 読む

BookLive「ブックライブ」の立原正秋 電子全集5 『美を巡る エッセイ&詩篇』無料試し読み


庭との対話のうちに、美を追及し続けた美術紀行「日本の庭」ほか、立原が傾倒した中世文化の美の世界を辿る。「つくった人の美意識がくまなく表出されているかどうかが問題である。十分に表出された庭なら、そこに歳月による自然が作用したにせよ、当初の軸は残っている」庭を、主の美意識が凝縮さてた空間と見つめた立原の透徹した眼差しが浮かび上がる『日本の庭』ほか、骨董を通じ、あくなき美の世界の追及を綴った美術雑編。若き日より書き溜めた詩、短歌を全紹介。また、加藤唐九郎、林屋静三との陶芸をめぐる対談2編も収録し、立原が見つめた美の世界を完全収録。付録として長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 五」や春画ブームの仕掛け人・浦上満氏が語る立原の骨董への眼差しを描いた「李朝白磁の大壺」など関連エッセイ5作収録。特別付録として長男・立原潮氏が上梓した『美のなごり 立原正秋の骨董』より、父・立原正秋の骨董への傾倒を綴った「冬の風 立原正秋覚え書き」を掲載。同時に立原正秋の骨董コレクションの一部を、秋元茂撮影のカラー写真で紹介していく。※この作品にはカラー写真が含まれます。
続きはコチラ



立原正秋 電子全集5 『美を巡る エッセイ&詩篇』無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


立原正秋 電子全集5 『美を巡る エッセイ&詩篇』詳細はコチラから



立原正秋 電子全集5 『美を巡る エッセイ&詩篇』


>>>立原正秋 電子全集5 『美を巡る エッセイ&詩篇』の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」立原正秋 電子全集5 『美を巡る エッセイ&詩篇』の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する立原正秋 電子全集5 『美を巡る エッセイ&詩篇』を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は立原正秋 電子全集5 『美を巡る エッセイ&詩篇』を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して立原正秋 電子全集5 『美を巡る エッセイ&詩篇』を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」立原正秋 電子全集5 『美を巡る エッセイ&詩篇』の購入価格は税込で「1944円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




「出版されているすべての漫画が読み放題だったら、こんなに凄いことはない」というユーザーのニーズからヒントを得て、「月に決まった額を払えば1回1回の支払いは不要」という形式の電子書籍が登場したのです。
電車に乗っている間などの手空きの時間に、さらっと無料漫画を読んでタイプの本を探しておけば、日曜日などの時間的に融通が利くときに買って残りを読むこともできるのです。
1冊ずつ本屋まで足を運ぶのはとても手間暇が掛かります。とは言いましても、まとめて購入するのは期待外れだった時のお財布へのダメージがデカいです。BookLive「立原正秋 電子全集5 『美を巡る エッセイ&詩篇』」なら個別に購入できて、手軽だし失敗も少なく済みます。
BookLive「立原正秋 電子全集5 『美を巡る エッセイ&詩篇』」を堪能するなら、スマホが最適です。パソコンは重たすぎるので持ち運べないし、タブレットも電車の中などで閲覧するような場合には適していないと言えます。
「比較などしないで選んだ」といった方は、無料電子書籍はどこも一緒という認識をお持ちなのかもしれないですが、細かなサービスは各社それぞれ異なりますから、比較検討してみることは結構大事です。




立原正秋 電子全集5 『美を巡る エッセイ&詩篇』の情報

                    
作品名 立原正秋 電子全集5 『美を巡る エッセイ&詩篇』
立原正秋 電子全集5 『美を巡る エッセイ&詩篇』ジャンル 本・雑誌・コミック
立原正秋 電子全集5 『美を巡る エッセイ&詩篇』詳細 立原正秋 電子全集5 『美を巡る エッセイ&詩篇』(コチラクリック)
立原正秋 電子全集5 『美を巡る エッセイ&詩篇』価格(税込) 1944円
獲得Tポイント 立原正秋 電子全集5 『美を巡る エッセイ&詩篇』(コチラクリック)

ページの先頭へ