立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』 ブックライブ スマホ パソコン 読む

BookLive「ブックライブ」の立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』無料試し読み


湘南を舞台に、筆者の虚無的な視点で描かれた“青春の光と影”『血と砂』、 貞節な女の快楽への代償を描いた『永い夜』を収録。“昭和元禄”といわれた70年代初頭の「繁栄の中の享楽主義」に満ち溢れた湘南の地で、主人公・北ノ庄浩作は、その風俗のただなかにいながらも、一方では、そういう自分を冷ややかに見つめている。表題の<血>は人間を意味し、<砂>は風土と時代の流れを意味すると筆者は語っている。『永い夜』は、夫が出生中の38歳の明子は、息子・清晴が腰越の漁師の娘を強姦した仕返しに、その娘の兄・浩二らに輪姦される。その日から明子は、夜な夜な浩二を部屋に引き入れる女に変わっていた……。その他、夫とは正反対である陶工の男に惹かれる人妻の愛欲と別れを描いた『夢のあと』、一途な愛を捧げる男がいながらも、昔関係をもった女たらしの男と逢瀬を重ねてしまう女を描いた『船の翳』を収録。付録として長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 八」など関連エッセイ2作と、武田勝彦氏による評伝『立原正秋伝』より「早稲田文学編集長」収録。「写真で辿る立原作品の世界」(7)では、収録作品の舞台となる江ノ島周辺エリアを孫・立原継望氏撮影の写真で辿っていく。※この作品にはカラー写真が含まれます。
続きはコチラ



立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』詳細はコチラから



立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』


>>>立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』の購入価格は税込で「1944円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




電車に乗っている時も漫画に没頭したいといった人にとって、BookLive「立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』」ほど便利なものはないと言えます。スマホをたった一つ持っているだけで、好きな時に漫画を満喫できます。
BookLive「立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』」が大人世代に支持されているのは、10代の頃に夢中になった作品を、もう一回自由に味わえるからだと言えるでしょう。
「スマホは画面が小さいので読みにくくないのか?」と言われる人もいますが、実体験でBookLive「立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』」を1冊買ってスマホで閲覧すれば、その便利さに驚かされる人が多いです。
無料電子書籍をうまく活用すれば、暇で暇で時間が余って仕方ないということがなくなるのではないでしょうか?バイトの休み時間や通勤時間などにおいても、そこそこ楽しめること請け合いです。
ユーザーが増えていると言われているのが、この頃のBookLive「立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』」です。スマホで漫画をダウンロードすることができますから、かさばる書物を持ち運ぶ必要もなく、カバンの中の荷物を軽くできます。




立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』の情報

                    
作品名 立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』
立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』ジャンル 本・雑誌・コミック
立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』詳細 立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』(コチラクリック)
立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』価格(税込) 1944円
獲得Tポイント 立原正秋 電子全集8 『血と砂 真夏の江ノ島へ』(コチラクリック)

ページの先頭へ