立原正秋 電子全集11 『剣と花 紅葉の鎌倉へ』 ブックライブ スマホ パソコン 読む

BookLive「ブックライブ」の立原正秋 電子全集11 『剣と花 紅葉の鎌倉へ』無料試し読み


名家の華麗な滅びを描いた長篇『剣と花』、年下の男との4日間だけの逢瀬を描く『辻が花』。後日、映画化された両作品を収録。巨万の富と栄光に包まれた石津屋敷の人々。当主・武一郎が期待するのは、一人孤独を剣に託し、無頼な生活を送る三男文一郎だった。武一郎の死後、文三郎は異母妹・千代子とともに石津家を取り仕切っていくことになるが、文三郎は千代子の中に暗い火を見てしまう…。名家の華麗な滅びを描いた『剣と花』は、文三郎を渡哲也が演じ映画化(昭和47年4月松竹)された。『辻が花』は、33歳の夕子に一途に憧れる25歳の純粋な青年・四郎との、わずか4日間の逢瀬の旅と別れを描いた大人向けのメルヘン。こちらは夕子を岩下志麻が演じ映画化(昭和47年3月松竹)されている。その他、ユーモラスな作品『銀婚式』を収録。付録として長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 十一」など関連エッセイ2作を収録。「特別資料」(11)では映画化された『剣と花』『辻が花』のポスター、台本等を紹介。「写真で辿る立原作品の世界」(7)では、『剣と花』の舞台となる鎌倉山周辺エリアを孫・立原継望氏撮影の写真で辿っていく。※この作品にはカラー写真が含まれます。
続きはコチラ



立原正秋 電子全集11 『剣と花 紅葉の鎌倉へ』無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


立原正秋 電子全集11 『剣と花 紅葉の鎌倉へ』詳細はコチラから



立原正秋 電子全集11 『剣と花 紅葉の鎌倉へ』


>>>立原正秋 電子全集11 『剣と花 紅葉の鎌倉へ』の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」立原正秋 電子全集11 『剣と花 紅葉の鎌倉へ』の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する立原正秋 電子全集11 『剣と花 紅葉の鎌倉へ』を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は立原正秋 電子全集11 『剣と花 紅葉の鎌倉へ』を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して立原正秋 電子全集11 『剣と花 紅葉の鎌倉へ』を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」立原正秋 電子全集11 『剣と花 紅葉の鎌倉へ』の購入価格は税込で「1944円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




漫画マニアの人にとって、手元に置いておける単行本は値打ちがあるということはわかりますが、気軽に楽しみたいという人だとすれば、スマホで読むことのできるBookLive「立原正秋 電子全集11 『剣と花 紅葉の鎌倉へ』」の方が使い勝手もいいでしょう。
アニメが何より好きな人からしたら、無料アニメ動画というのはすごく先進的なサービスなのです。スマホを携帯しているというなら、好きなタイミングで観賞することが可能だというわけです。
「アニメにつきましては、テレビで放映中のものしか見ない」というのは前時代的な話だと考えます。その理由は、無料アニメ動画などをオンラインで楽しむという形が主流になってきているからです。
電車で揺られている間も漫画を楽しんでいたいという方にとっては、BookLive「立原正秋 電子全集11 『剣と花 紅葉の鎌倉へ』」ぐらい重宝するものはないでしょう。たった1台のスマホを手に持っていれば、楽々漫画が楽しめます。
本屋では、棚の面積の関係で置ける書籍の数に制約がありますが、BookLive「立原正秋 電子全集11 『剣と花 紅葉の鎌倉へ』」という形態であればそのような問題が起こらないので、アングラな書籍も販売することができるのです。




立原正秋 電子全集11 『剣と花 紅葉の鎌倉へ』の情報

                    
作品名 立原正秋 電子全集11 『剣と花 紅葉の鎌倉へ』
立原正秋 電子全集11 『剣と花 紅葉の鎌倉へ』ジャンル 本・雑誌・コミック
立原正秋 電子全集11 『剣と花 紅葉の鎌倉へ』詳細 立原正秋 電子全集11 『剣と花 紅葉の鎌倉へ』(コチラクリック)
立原正秋 電子全集11 『剣と花 紅葉の鎌倉へ』価格(税込) 1944円
獲得Tポイント 立原正秋 電子全集11 『剣と花 紅葉の鎌倉へ』(コチラクリック)

ページの先頭へ