立原正秋 電子全集12 『舞いの家 箱根路を往く』 ブックライブ スマホ パソコン 読む

BookLive「ブックライブ」の立原正秋 電子全集12 『舞いの家 箱根路を往く』無料試し読み


小田原で能楽宗家を継ぐ主人公と、舞台に限界を抱き、女に溺れていく夫を巡る愛の変転と破滅を描いた『舞いの家』を収録。『舞いの家』は、能楽室町流の宗家に生まれ、その重みを背負い、胸深く情熱を秘め宗家を守ることに必死に生きる綾と、役者として舞台に限界を感じ、その渇きを癒そうと女に溺れていく夫・道明の二人を巡る愛の変転と破滅を、美しい箱根の風景とともに描き、美と狂気の世界を構築した長編。綾を星由里子、道明を田村高廣が演じ、NET系列で昭和47年1~3月にTVドラマ化された。他、夫の間に子が出来ない妻が、山北の工房で恩師の子を身籠ったものの流産させてしまう『のちのおもいに』、湯河原の保養所で出会った人妻との逢瀬を描く『石楠花』、小田原近郊に住む僧侶との性に溺れた新橋の芸者が思い出を語る『仮の宿』、中年男と性愛にのめり込む女を描く『埋れ水』を収録。付録として長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 十二」など関連エッセイ2作収録。「写真で辿る立原作品の世界」(8)では、『舞いの家』等の作品の舞台となった箱根、小田原エリアを幹氏の書下ろし原稿と継望氏撮影の写真にて紹介。※この作品にはカラー写真が含まれます。
続きはコチラ



立原正秋 電子全集12 『舞いの家 箱根路を往く』無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


立原正秋 電子全集12 『舞いの家 箱根路を往く』詳細はコチラから



立原正秋 電子全集12 『舞いの家 箱根路を往く』


>>>立原正秋 電子全集12 『舞いの家 箱根路を往く』の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」立原正秋 電子全集12 『舞いの家 箱根路を往く』の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する立原正秋 電子全集12 『舞いの家 箱根路を往く』を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は立原正秋 電子全集12 『舞いの家 箱根路を往く』を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して立原正秋 電子全集12 『舞いの家 箱根路を往く』を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」立原正秋 電子全集12 『舞いの家 箱根路を往く』の購入価格は税込で「1944円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




書籍のネットショップでは、概ねタイトルと作者、ざっくりとした内容しか確認不可能です。でもBookLive「立原正秋 電子全集12 『舞いの家 箱根路を往く』」であれば、内容が分かる程度は試し読みで確かめられます。
コミックサイトの一番の利点は、扱うタイトル数が半端なく多いということだと考えられます。売れない本を抱える心配が不要なので、幅広いニーズを満たすだけの商品を置けるというわけです。
「出版されているすべての漫画が読み放題なら良いのに・・・」という漫画マニアの発想を聞き入れる形で、「月に決まった額を払えば購入の都度支払手続きをしなくてよい」というスタイルの電子書籍が考案されたわけです。
「小さな画面では楽しめないのでは?」と言われる人もいるのは確かですが、そういった人でもBookLive「立原正秋 電子全集12 『舞いの家 箱根路を往く』」を買ってスマホで読むということをすれば、その使用感にビックリする人がほとんどです。
BookLive「立原正秋 電子全集12 『舞いの家 箱根路を往く』」の販売促進戦略として、試し読みが可能という仕組みは画期的なアイデアではないかと思います。いつ・どこでも書籍の内容をチェックすることができるので、空いている時間を使用して漫画を選定することができます。




立原正秋 電子全集12 『舞いの家 箱根路を往く』の情報

                    
作品名 立原正秋 電子全集12 『舞いの家 箱根路を往く』
立原正秋 電子全集12 『舞いの家 箱根路を往く』ジャンル 本・雑誌・コミック
立原正秋 電子全集12 『舞いの家 箱根路を往く』詳細 立原正秋 電子全集12 『舞いの家 箱根路を往く』(コチラクリック)
立原正秋 電子全集12 『舞いの家 箱根路を往く』価格(税込) 1944円
獲得Tポイント 立原正秋 電子全集12 『舞いの家 箱根路を往く』(コチラクリック)

ページの先頭へ