立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』 ブックライブ スマホ パソコン 読む

BookLive「ブックライブ」の立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』無料試し読み


奈良と東京を舞台に、“新旧の対決”を描いた『春の鐘』は、極上の“大人のメルへン”でもあった。ほか『花のいのち』を併禄。『春の鐘』は、日経新聞連載作品『残りの雪』から4年後の、昭和48年1月から翌年2月まで、同じく日経朝刊に連載された作品。大学助教授を辞め、美術館の館長として生活の基盤を奈良に置いた鳴海六平太が、彼の留守中に男を作った妻・範子の所業を知った後、信楽の石工の出戻り娘・石本多恵に出会う。奈良に住みだした多恵を、あちらこちらに連れ回す中、やがて二人の心は引かれ合うようになる。夫に恋人が出来たことを知った範子は、二人の愛の巣へ踏みこんでいく……。古寺名刹などの美しい自然描写とともに、美食家・立原の真骨頂とも言える“食べもの”が数多く描写され、後年、蔵原惟繕監督によって映画化された代表作の一つ。ほか、奈良と鎌倉を舞台に、純粋な生き方を求めた女の運命を描いた『花のいのち』を併禄。付録として長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 十七」など関連エッセイ3作収録。特別付録として、映画『春の鐘』の台本、ポスター、チラシ等を収録。※この作品にはカラー写真が含まれます。
続きはコチラ



立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』詳細はコチラから



立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』


>>>立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』の購入価格は税込で「1944円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




コミックと言えば、「若者向けに作られたもの」というイメージを持っているかもしれません。けれど今はやりのBookLive「立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』」には、壮年期の人が「昔を思いだす」と言われるような作品も多く含まれます。
無料漫画と呼ばれるものは、店舗での立ち読み的なものだと言えるでしょう。楽しめるかどうかを大ざっぱに理解してからゲットできるのでユーザーも安心感が違うはずです。
BookLive「立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』」のサイトによりいろいろですが、1巻全部のページを料金請求なしで試し読みできるというところもあるのです。1巻だけ読んで、「楽しいと思ったら、2巻以降の巻を買い求めてください」という販売促進戦略です。
月額の利用料金が固定のサイト、ユーザー登録せずに使えるサイト、1冊単位で支払うタイプのサイト0円の本がいっぱいあるサイトなど、コミックサイトも各々違う点が見受けられますから、比較していただきたいですね。
書店など人目につくところでは、内容確認することに罪悪感を感じるような漫画であったとしても、無料漫画サービスを打ち出している電子書籍だったら、物語をよく理解してからダウンロードすることが可能なので、後悔することがありません。




立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』の情報

                    
作品名 立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』
立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』ジャンル 本・雑誌・コミック
立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』詳細 立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』(コチラクリック)
立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』価格(税込) 1944円
獲得Tポイント 立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』(コチラクリック)

ページの先頭へ