立原正秋 電子全集22 『短編集IV 雪の朝』 ブックライブ スマホ パソコン 読む

BookLive「ブックライブ」の立原正秋 電子全集22 『短編集IV 雪の朝』無料試し読み


数少ない歴史小説『雪の朝』『橋の上』を始めとして、立原晩年の作品を中心に傑作短篇15篇を収録。『雪の朝』は、立原作品には異色の史実に材をとった作品で、桜田門外にて暗殺される大老・井伊直弼の心の内面に立ち入った小品。若き日に「たか女」を通じて体得した直弼のエロスの情念が、晩年の死の瞑想と結びつき、「死とエロス」が雪の朝の終幕で昇華するのだった。『橋の上』は新撰組隊員の永倉新八が、両国橋の上で、かつての仲間で今は官軍にいる鈴木三樹三郎に出会った時に、剣の実力で劣る相手に何故か「斬られる」と感じてしまう……。敗者となった新八の心理の微妙な変化を描いた作品である。また、『交喙の嘴』は、すれ違ってばかりの男女が、ようやく互いの本当の気持ちに気がついて新たな一歩踏み出そうとしていく、立原には珍しいハッピーエンドで終わる小品で、「女性セブン」昭和43年1月号に掲載された後、単行本には収録されなかった貴重な作品でもある。その他、台風の雨漏りが心配で昇った屋根裏から落ちて大怪我をした実体験を元に描いた作品『吾亦紅』のほか、『荻野村にて』、『山椒の木のある家』、『埋火』、『一夜の宿』等、哀愁に満ちた佳作短篇15篇が収録されている。付録として、長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 二十二」、妻・光代が夫との日々を回想する「追想---夫 立原正秋」(後篇)など関連エッセイ4作を収録。※この作品にはカラー写真が含まれます。
続きはコチラ



立原正秋 電子全集22 『短編集IV 雪の朝』無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


立原正秋 電子全集22 『短編集IV 雪の朝』詳細はコチラから



立原正秋 電子全集22 『短編集IV 雪の朝』


>>>立原正秋 電子全集22 『短編集IV 雪の朝』の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」立原正秋 電子全集22 『短編集IV 雪の朝』の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する立原正秋 電子全集22 『短編集IV 雪の朝』を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は立原正秋 電子全集22 『短編集IV 雪の朝』を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して立原正秋 電子全集22 『短編集IV 雪の朝』を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」立原正秋 電子全集22 『短編集IV 雪の朝』の購入価格は税込で「1944円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




0円で読める無料漫画をわざわざ読めるようにすることで、集客数を引き上げ利益増に繋げるのが電子書籍を運営する会社にとっての利点ですが、反対に利用者側にとっても試し読みが可能なので、失敗が少なくなります。
絶対に電子書籍で購入するという方が着実に増えています。カバンなどに入れて持ち運ぶことも要されませんし、収納する場所も要らないというのが大きな理由です。もっと言えば、無料コミックも揃っているので、試し読みで中身が見れます。
殆どの書籍は返すことが出来ないので、中身をある程度分かった上で購入を決断したい人にとって、試し読みが許される無料電子書籍は予想以上に重宝すると思います。漫画も中身を確かめた上で買い求められます。
購入したあとで、「前評判よりもありふれた内容だった」という時でも、買ってしまった漫画は返すことができません。けれども電子書籍ならあらかじめ試し読みすることが可能なので、このような失敗を防ぐことができるというわけです。
「話の内容を知ってからDLしたい」と言われる人からすれば、無料漫画というのは短所のないサービスだと言っていいでしょう。販売側からしましても、顧客数増大が可能となります。




立原正秋 電子全集22 『短編集IV 雪の朝』の情報

                    
作品名 立原正秋 電子全集22 『短編集IV 雪の朝』
立原正秋 電子全集22 『短編集IV 雪の朝』ジャンル 本・雑誌・コミック
立原正秋 電子全集22 『短編集IV 雪の朝』詳細 立原正秋 電子全集22 『短編集IV 雪の朝』(コチラクリック)
立原正秋 電子全集22 『短編集IV 雪の朝』価格(税込) 1944円
獲得Tポイント 立原正秋 電子全集22 『短編集IV 雪の朝』(コチラクリック)

ページの先頭へ