立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』 ブックライブ スマホ パソコン 読む

BookLive「ブックライブ」の立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』無料試し読み


立原文学の本質が垣間見られる「私小説的発想を排す」等、文学について語ったエッセイ、自作品あとがき全162篇を一挙掲載。随筆集『秘すれば花』、『旅のなか』、『坂道と雲と』、『夢幻のなか』、『冬の花』を中心に、文学に関わるエッセイと、自作あとがき等全162篇。自ら編集に携わった文芸誌「犀」の創刊および終巻の辞に始まり、私小説、心境小説を否定していた立原の創作根拠が書き込まれた「私小説的発想を排す」、「現代にとって文学とは何か」という、立原文学の本質を知るために見逃せない2篇を収録。また、鎌倉文士の先輩として敬愛してやまない川端康成について記した「川端康成氏覚え書き」、「川端文学のエロティシズム」の川端康成論2篇も、立原の川端康成への並々ならぬ傾倒ぶりが伺え、光彩を放っている。なお、単行本未収録作品として「美の追求だけしかしなかった人 川端康成先生」も新たに収録された。さらに大岡昇平、三島由紀夫、武田泰淳等、交遊のあった作家に言及したエッセイも多数収録。付録として長女・立原幹氏が父の思い出を綴る「東ケ谷山房 残像 二十三」のほか、2篇の対談と、昭和54年12月3日に早稲田大学小野講堂での講演「一作家の周辺」の模様を収録している。※この作品にはカラー写真が含まれます。
続きはコチラ



立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』詳細はコチラから



立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』


>>>立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』の購入価格は税込で「1944円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




手間なくダウンロードして読めるのが、無料電子書籍の特長です。ショップまで出掛る必要も、ネットで買い求めた本を送ってもらう必要もないというわけです。
あえて無料漫画を提案することで、利用する人を増やし収益増加へと結びつけるのが販売会社にとっても狙いですが、当然ですが、利用者側も試し読みできるので、購入の判断がしやすくなります。
テレビ放送されているものをリアルタイムで見るのは困難だとおっしゃる方でも、無料アニメ動画として配信されているものなら、あなたの都合の良い時間帯に視聴することだってできるわけです。
カバンの類を持たずに出かけたい男の人達にとって、スマホで無料電子書籍に熱中できるというのはとても便利なことです。荷物を増やさずに、ポケットに保管して本を持ち歩くことができるわけなのです。
電子書籍の注目度は、どんどん高くなってきています。そんな中で、利用者が増加しつつあるのが読み放題というプランなのです。支払い代金を気にしなくても大丈夫なのが一番の利点です。




立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』の情報

                    
作品名 立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』
立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』ジャンル 本・雑誌・コミック
立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』詳細 立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』(コチラクリック)
立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』価格(税込) 1944円
獲得Tポイント 立原正秋 電子全集23 『文学について エッセイIV』(コチラクリック)

ページの先頭へ