立原正秋 電子全集26 『冬のかたみに その生涯』 ブックライブ スマホ パソコン 読む

BookLive「ブックライブ」の立原正秋 電子全集26 『冬のかたみに その生涯』無料試し読み


最終巻を飾る自伝的作品『冬のかたみに』『猷修館往還』に加え、金胤奎名で書かれた処女作『ある父子』など7作品を収録。自伝的作品である『冬のかたみに』は、朝鮮時代の体験を元にした「幼年時代」、「少年時代」と、ほぼ10年後の鎌倉で結婚したばかりの青年期を描いた「建覚寺山門前」の三編から成る。自ら「私にとっては風土が帰趨すべき場所であった……」と述懐する幼少年期体験を淡々と描いた重要な作品の一つ。また、『猷修館往還』は独立した短篇ではあるが、主人公が鎌倉の高校1年生であり、その出自からして「少年時代」と「建覚寺山門前」の間において読める作品でもある。そのほか、妻以外の女を愛する初老の男の哀愁を描いた『たびびと』、小編『山水記』に加え、本格的に作家活動をする前の1949年に民族名の金胤奎(キムインキュウ)として、雑誌「自由朝鮮」に発表していた真の処女作『ある父子』と、立原正秋名での初創作した詩篇『ある谷間と単独者』が、立原初期作品の貴重な資料として、今回史上初めて全集に収録された。付録として長女・立原幹氏が父の思い出を綴る回想録の最終話「東ケ谷山房 残像 二十六」などの関連エッセイ3作、評伝『立原正秋伝』より「死」を収録。特別付録として、『冬のかたみに』、『猷修館往還』の生原稿と、雑誌「二十世代」に掲載された『ある谷間と単独者』の初出を収録している。※この作品にはカラー写真が含まれます。
続きはコチラ



立原正秋 電子全集26 『冬のかたみに その生涯』無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


立原正秋 電子全集26 『冬のかたみに その生涯』詳細はコチラから



立原正秋 電子全集26 『冬のかたみに その生涯』


>>>立原正秋 電子全集26 『冬のかたみに その生涯』の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」立原正秋 電子全集26 『冬のかたみに その生涯』の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する立原正秋 電子全集26 『冬のかたみに その生涯』を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は立原正秋 電子全集26 『冬のかたみに その生涯』を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して立原正秋 電子全集26 『冬のかたみに その生涯』を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」立原正秋 電子全集26 『冬のかたみに その生涯』の購入価格は税込で「1944円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




時間がなくてアニメを視聴するだけの時間を確保できないという社会人にとっては、無料アニメ動画が非常に役立ちます。リアルタイムで見るなどということは不要なので、空き時間を有効に使って見ることが可能です。
「通学時間に電車で漫画本を広げるなんて絶対にできない」と言われるような方でも、スマホそのものに漫画をDLすれば、恥ずかしい思いをする必要はなくなります。ずばり、これがBookLive「立原正秋 電子全集26 『冬のかたみに その生涯』」の人気の秘密です。
無料漫画に関しては、店舗での立ち読み的なものだと言えます。本の内容を概略的に確かめた上で購入できるので、ユーザーも安心できます。
読み放題というサービスは、電子書籍業界においてはそれこそ画期的な試みです。ユーザーサイドにとっても制作者にとっても、利点が多いと言うことができます。
BookLive「立原正秋 電子全集26 『冬のかたみに その生涯』」の販売促進戦略として、試し読みができるというサービスは画期的なアイデアではないかと思います。いつでも物語の大筋を確認できるため、空いている時間を上手に利用して漫画を選ぶことが可能です。




立原正秋 電子全集26 『冬のかたみに その生涯』の情報

                    
作品名 立原正秋 電子全集26 『冬のかたみに その生涯』
立原正秋 電子全集26 『冬のかたみに その生涯』ジャンル 本・雑誌・コミック
立原正秋 電子全集26 『冬のかたみに その生涯』詳細 立原正秋 電子全集26 『冬のかたみに その生涯』(コチラクリック)
立原正秋 電子全集26 『冬のかたみに その生涯』価格(税込) 1944円
獲得Tポイント 立原正秋 電子全集26 『冬のかたみに その生涯』(コチラクリック)

ページの先頭へ