新版 会社は誰のものか ブックライブ スマホ パソコン 読む

BookLive「ブックライブ」の新版 会社は誰のものか無料試し読み


西武鉄道の株名義偽装事件と、フジサンケイグループを揺るがしたニッポン放送買収未遂事件。それぞれ、オーナー家にまつわる様々な疑惑や追放劇という前史があったが、多くの企業で世襲や私物化は横行している。それらは社会正義を歪め、社員に滅私奉公を強いる「会社主義」をもたらした。会社は誰のものか? 早い時期からこのテーマに取り組み、警鐘を鳴らしてきた著者が、豊富な事例と共に根深い病理に斬り込む。
続きはコチラ



新版 会社は誰のものか無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


新版 会社は誰のものか詳細はコチラから



新版 会社は誰のものか


>>>新版 会社は誰のものかの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」新版 会社は誰のものかの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する新版 会社は誰のものかを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は新版 会社は誰のものかを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して新版 会社は誰のものかを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」新版 会社は誰のものかの購入価格は税込で「453円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




他のサービスを追い抜く形で、こんなにも無料電子書籍というシステムが広がりを見せている要因としましては、地元の書店が減少し続けているということが指摘されています。
月極の利用料を納めることで、各種の書籍を際限なしに読めるという読み放題サービスが電子書籍で一般化してきています。1巻ずつ購入しなくても読めるのが最大の特徴と言えるでしょう。
人がいるところでは、内容確認するのも後ろめたさを感じるような漫画だとしても、無料漫画サービスを打ち出している電子書籍の場合は、好みかどうかをしっかりと理解した上で購入を決断することができるというわけです。
スマホを介して読む電子書籍は、嬉しいことにフォントの大きさを自分用に調節することが可能ですので、老眼で本を敬遠しているアラフォー世代以降の方でも楽々読めるというメリットがあるというわけです。
漫画や雑誌は、本屋で軽く読んで購入するか購入しないかを確定する人がほとんどです。ところが、ここ数年はBookLive「新版 会社は誰のものか」を介して冒頭部分だけ読んで、その本について買う・買わないを決める人が多いのです。




新版 会社は誰のものかの情報

                    
作品名 新版 会社は誰のものか
新版 会社は誰のものかジャンル 本・雑誌・コミック
新版 会社は誰のものか詳細 新版 会社は誰のものか(コチラクリック)
新版 会社は誰のものか価格(税込) 453円
獲得Tポイント 新版 会社は誰のものか(コチラクリック)

ページの先頭へ