コンビニ経済圏 ブックライブ スマホ パソコン 読む

BookLive「ブックライブ」のコンビニ経済圏無料試し読み


金融や介護、宅配、農業…。1970年代の誕生以降、コンビニの店舗網やサービスは広がり続け、今や暮らしに欠かせない存在だ。2016年9月にはファミリーマートとサークルKサンクスが統合予定で、業界トップのセブン―イレブン・ジャパンを追撃、消費者を取り込むための競争も活発化する。コンビニはこれからどこに向かうのか。商品開発力や物流網、金融インフラ、人材といった切り口から、「コンビニ経済圏」の強さ・課題を探る。 本書は週刊エエコノミスト2016年1月19日号で掲載された第2特集「コンビニ経済圏」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに・社会構造の変化に対応 他を取り込む成長モデル・「時間資本主義」の時代 電子商取引の普及が転換点・圧倒的なセブンの収益力 焦点はナンバー2争いへ・物流 消費者の「冷蔵庫」支えるインフラ・銀行 「集客」から「稼ぐ」手段に・商品開発 食品メーカー巻き込み開発・健康 進む「ドラッグストア化」・人手不足 サービス拡大でも時給上がらず【執筆者】山崎泰弘、松岡真宏、清水倫典、信田洋二、上杉光、鈴木孝之、川乃もりや、週刊エコノミスト編集部
続きはコチラ



コンビニ経済圏無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


コンビニ経済圏詳細はコチラから



コンビニ経済圏


>>>コンビニ経済圏の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」コンビニ経済圏の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するコンビニ経済圏を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はコンビニ経済圏を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してコンビニ経済圏を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」コンビニ経済圏の購入価格は税込で「216円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




月額の料金が一定のサイト、ユーザー登録せずに使えるサイト、1冊ずつ売っているサイト、タダで読めるタイトルが沢山あるサイトなど、コミックサイトも何だかんだと違いがあるので比較してみましょう。
「どの業者のサイトを利用して本を買い求めるか?」というのは、案外重要なポイントだと言えます。値段とかサービス内容などがそれぞれ違うので、電子書籍というものは比較して決定しないといけないでしょう。
一口に無料コミックと言っても、買うことができるジャンルは広範囲に亘ります。アダルト系なども含めた様々な漫画があるので、あなたが希望するような漫画が絶対見つかるはずです。
スマホが1台あれば、BookLive「コンビニ経済圏」を好きな時に満喫できるのです。ベッドで横になりながら、目を閉じて眠るまでのリラックスタイムに満喫するという人が多いようです。
電子書籍の注目度は、日を追うごとに高まりを見せているようです。そういう状況の中で、特にユーザーが増加しているのが読み放題というサービスだとのことです。支払料金を心配せずに済むというのが人気の秘密です。




コンビニ経済圏の情報

                    
作品名 コンビニ経済圏
コンビニ経済圏ジャンル 本・雑誌・コミック
コンビニ経済圏詳細 コンビニ経済圏(コチラクリック)
コンビニ経済圏価格(税込) 216円
獲得Tポイント コンビニ経済圏(コチラクリック)

ページの先頭へ