赤字はどこへ消えた? ブックライブ スマホ パソコン 読む

BookLive「ブックライブ」の赤字はどこへ消えた?無料試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「この決算書はどこのものでしょう?」巧妙に赤字を隠す粉飾決算、利益が出ていても課税されない、そして黒字なのに危ない・・・そんな企業の秘密はすべて決算書に隠されている! かつて、今話題の東芝の監査チームにもいたことのある美人会計士の、実物決算書を使った人気セミナーが一冊の本に。小さなヒントとその解説から、社名を当てるというクイズ形式で楽しく会計が学べる! 【著者紹介】平林 亮子(ひらばやし・りょうこ)公認会計士。中小ベンチャー企業をサポートする士業ネットワークアールパートナーズ代表。お茶の水女子大学在学中に公認会計士2次試験に合格。卒業後、太田昭和監査法人(現新日本有限責任監査法人)に入所し、国内企業の監査に多数携わる。公認会計士三次試験合格後、独立。楽しく幸せに生きるをモットーに、企業、個人を問わず会計面からのサポートを行っている。『相続は恐ろしい』(幻冬舎新書)『決算書を楽しもう』(ダイアモンド社)『年収500万円で20年働く人 年収1000万円で10年働く人 損しないのはどっち?』(幻冬舎)など著書多数。【目次より】CHAPTER1◆なぜ決算書は粉飾できるのか?~東芝のケースから学ぶ「決算書の基本のキ」~CHAPTER2◆なぜ利益があっても法人税が少なくて済むのか?CHAPTER3◆日本が世界に誇る企業は本業を2つ持つCHAPTER4◆身近な企業を支えるアルバイトの力CHAPTER5◆損失でもキャッシュが増えるのはなぜ?
続きはコチラ



赤字はどこへ消えた?無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


赤字はどこへ消えた?詳細はコチラから



赤字はどこへ消えた?


>>>赤字はどこへ消えた?の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」赤字はどこへ消えた?の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する赤字はどこへ消えた?を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は赤字はどこへ消えた?を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して赤字はどこへ消えた?を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」赤字はどこへ消えた?の購入価格は税込で「1404円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




あらゆるサービスを凌いで、ここ最近無料電子書籍が広がり続けている理由としては、近場の本屋が減りつつあるということが挙げられるのではないでしょうか?
電子書籍ビジネスにはいくつもの企業が進出していますので、とにかく比較してから「どの電子書籍お使用するのか?」を決めることが大切です。多くの書籍を扱っているかとか使いやすさ、料金などを総合判断すると良いと思います。
多くの書店では、陳列している漫画の立ち読みを阻止するために、カバーをかけるのが一般的と言えるでしょう。BookLive「赤字はどこへ消えた?」でしたら試し読みが可能なので、漫画の概略を吟味してから買うか判断できます。
最新刊は、お店で内容を確認して購入するかをはっきり決めるようにしている人が多いです。けれど、ここ最近はBookLive「赤字はどこへ消えた?」経由で1巻のみ買ってみて、それを買うかどうか判断するという人が増えています。
漫画の内容が分からない状態で、表題を見ただけで漫画を購読するのは極めて困難です。いつでも試し読みができるBookLive「赤字はどこへ消えた?」というサービスを利用すれば、一定程度内容を吟味した上で買うか・買わないかを判断できます。




赤字はどこへ消えた?の情報

                    
作品名 赤字はどこへ消えた?
赤字はどこへ消えた?ジャンル 本・雑誌・コミック
赤字はどこへ消えた?詳細 赤字はどこへ消えた?(コチラクリック)
赤字はどこへ消えた?価格(税込) 1404円
獲得Tポイント 赤字はどこへ消えた?(コチラクリック)

ページの先頭へ